ゲームの景品代は誰がもつ?

主催が誰かによって異なります。

新郎新婦が主催なら、景品代はもちろん
参加者の飲食代以外はすべて新郎新婦が負担します。

新郎新婦が主催:
新郎新婦から友人や知人に幹事をお願いする形で行う二次会のことです。


友人が主催する二次会なら、
出席者から集める会費から景品代も捻出します。

友人が主催:
友人が二次会をやりたいと名乗り出て行う二次会のことです。

景品の相場は?

一番高価な景品を、会費の3倍程度に設定します。
※会費が5,000円なら15,000円程度、8,000円なら24,000円程度。

あとは予算に合わせて数と値段を決めていきます。

参加者全員に渡すプチギフトを予定しているなら、
ゲームの景品は参加者の2割から3割ほどの数を用意すれば十分です。

そうでない場合は少し多めに用意しましょう。

どんな景品?

品物は出席する方の年齢層に合わせて、選びます。

高級レストランの食事券や人気の家電製品など、
自分では買わないけれどあると嬉しいものを選ぶと失敗しにくいです。

景品

人気の景品

・ゲーム機
・DVDポータブルプレイヤー
・高級レストランのお食事券
・国産銘柄牛
・銘柄米引換券
・ビール券
・空気清浄機
・お掃除ロボット
・ドライヤー
・有名店のお菓子詰め合わせ
・ワイン人気銘柄のセット
・入浴剤セット
・お風呂セット
・うまい棒大袋
・高級箱ティッシュ など

これまで経験した二次会で特に喜ばれたものは、高級牛肉とお掃除ロボットでした。
クルージングチケットなどを用意した回もあります。

人気のあるゲーム機などは、すでに持っているかもという心配もありますが、
景品の当選者は不特定多数の中から不規則に選ばれるため、
気をまわし過ぎては選べる景品に限りが生じてしまいます。

持っている景品は他の誰かのものと交換をするなど、
ハプニングも楽しむ要素にできるため、あまり気にせずに用意しましょう。

また飲食物を景品に用意するときは
賞味期限や保存方法などにも気を付けます。

お肉などは冷凍保存できるもの、
お菓子などは賞味期限が一ヶ月くらいはあるものを選ぶと親切です。

プチギフト(粗品)

新郎新婦から参加者全員にプチギフトを用意すると喜ばれます。

プチギフトの相場は300円程度
クッキーや小さなケーキ、フィナンシェなどのお菓子が人気です。

中でも定番は、ドラジェというチョコレート菓子です。

ドラジェ

ドラジェには「幸せのおすそわけ」と言う意味があり、
ヨーロッパでは古くから結婚式などの祝い菓子として用いられています。

白やピンク色にコーティングされたドラジェを
「幸福・健康・富・子孫繁栄・長寿」 で5粒を包んで贈るのが一般的です。


最近ではオリジナルデコスイーツや
ミンティアシールで個性的にデコレーションしたミンティアなども人気です。


食べ物以外では、ウエディングケーキ型のカードスタントや、
紅茶のティーバッグ、ペアのティースプーンなども喜ばれます。

プチギフト

いつまでに準備する?

インターネット購入など、通販で取り寄せる場合は、
到着までに余裕を持って購入しましょう。

実店舗で購入する場合は、保管場所も必要なため、前日までに用意すればOKですが、
あまりのんびりしているとお目当ての商品がなかったときに焦ってしまいます。

手作りで用意するものは、やり直しがあるかもしれないことを念頭に、
材料と時間(特に新郎新婦が用意する場合は早めに)を用意します。

いずれにしても余裕をもって準備しておきましょう。