突然の幹事任命から1週間後、
新婦千花側からはわたしと同じく中学校からの同級生真琴、
新郎友広くん側からも二人の幹事が出揃った。

そして今日は新郎新婦と幹事4人の初打ち合わせなのだが。


真琴真琴

‥‥‥

樹

‥‥‥

悠

‥‥‥

寛人寛人

‥‥‥


まさかの新郎新婦そろって遅刻!


悠

(気まずいわ)

寛人寛人

えーっと、お見合いしてても仕方ないから
とりあえず自己紹介しよっか!

悠

そうですね

寛人寛人

えっと、悠ちゃんは?

悠


はい、わたしです。

寛人寛人

じゃあ、リーダーの悠ちゃんからどうぞ

悠

リーダー‥‥‥?

寛人寛人

あれ、違うの?
友広からそう聞いてたんだけど。

悠

千花め(舌打ち)

幹事は引き受けたけれど、リーダーという役職については初耳だ。
もちろん千花が勝手に言っているだけだから、笑って流そう。


悠

あのー…わたしは時間は自由になりますが、幹事経験もないし、
リーダーには向いてないのでとりあえずリーダーの件は忘れてもらって

寛人寛人

あ、そうなんだ?

悠

フリーでライターやってます。
悠です。
新婦千花の中学校時代からの友人です。

真琴真琴

真琴です。
同じく千花の中学校時代からの友人です。
OLやってます。

寛人寛人

寛人です!
ヒロくんって呼ばれてます!
悲しきサラリーマンです!

樹

樹です。

ぺこりと頭を下げ合って、さてどうするか。
とにもかくにも新郎新婦がいないと始まらない。
が、見つめ合っていても仕方がない、ということで。


寛人寛人

うーん、飲み始めちゃおうか!

寛人さんの一言で、ドリンクをオーダーして、乾杯することに。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
新郎新婦それぞれとの出会いや二人の様子をメインに話が弾み出した頃、
ようやく新郎新婦の到着した。

友広友広

ごめーん

千花千花

ごめーん

全員がそろったところで改めて乾杯をして、大体の流れを確認することに。

まずは、招待する人数。
それによって会場の規模が変わってくるため、予め聞いておく必要がある。


悠

結局、招待客は何人くらいになったの?

千花千花

それがね

友広友広

職場の後輩とかに話したら参加したいって言われちゃって

樹

何人になったんだ?

友広友広

90人くらい

千花千花

会場、どうしよう!

樹

‥‥‥

真琴真琴

‥‥‥

悠

とりあえずそんな大人数を
6月の大安日曜日に受け入れてくれそうなお店、
心当たりがあったら聞いてみてくれませんか?
わたしもいくつか当たってみます

寛人寛人

了解!

樹

わかった

真琴真琴

90人て

多種多様な職業の人間が集まっただけあって、
それぞれの行動範囲がほとんど被らなかったため、
確認できそうなお店の数自体は結構多くあった。

会場に関しては薄い期待にかけて、話を進めていくことにする。


寛人寛人

次はどんな感じの二次会にするかなんだけど

悠

とりあえず経験でいうと、披露宴縮小版みたいなタイプと
ゲームメインのタイプがあったと思うんだけど

寛人寛人

そうだね。
あとはほとんど歓談で、自由に交流する感じかなぁ

真琴真琴

ゲーム中心と余興中心と歓談中心。
どれがいい?

簡潔にまとめた真琴の言葉に、新郎新婦は神妙に顔を見合わせる。
普通なら、何か事情があるのかもと思うような場面だが、
長い付き合いだから、分かる。ろくなことじゃない。


友広友広

任せる!

千花千花

任せる!

予想を裏切らず、悪気のかけらもない笑顔で二人は声を合わせた。


真琴真琴

‥‥‥

樹

‥‥‥

悠

‥‥‥

寛人寛人

そこまでノープランかぁ

とりあえず連絡手段としてライングループを作成。

第一回打ち合わせは、連絡先の交換と新郎新婦の能天気ぶりを披露するだけで終わった。

To do リスト

・会場の確保
・二次会のスタイルを決めておく
・新郎新婦は大体の人数を把握するため招待客をリストアップすること!