ビリヤードを始めるにあたって、最初に習得したいのがフォームです。

ビリヤードはキューで手球を撞いて的球をポケットに落とすゲームですが、
やみくもにキューを持って手球を撞いても、思った通りには動きません。

意図した場所に手球を動かし、的球を落とすには、
キューを支える左手の形(ブリッジ)が重要になります。

まずは基本的で美しいフォームがどんなものか確認してみましょう。
参考になる動画がありましたのでシェアさせていただきます。


基本的なフォーム

ブリッジ

ブリッジには左手を使います。
1.人差し指と親指をくっつけます。
  ※マネーの形

2.中指の第二間接に親指の指先を当てます。

3.人差し指で輪っかができますので、そこにキューを通します。

しっかり固定された土台としてブリッジを組むことが、安定したキュー捌きにつながります。
女性の方や手が小さい方で輪っかが小さいときは、オープンブリッジをおすすめします。

オープンブリッジのやり方

男性でもオープンブリッジをメインにする人は多くいます。
安定する方法を選ぶようにしましょう。

右手の使い方

右手はキューを持ちます。
1.バット(キューの下半分)のグリップ部分の真ん中あたりを軽く握ります。

2.手は下ろしたままの感覚でキューを持ちます。
  ※握り過ぎて、手が体に対して内向きになったり外向きになったりしないように。

3.手球を支点に、動かしたい方向へキューを置きます。

4.キューに対して45度程度身体が開くように立ちます。

5.足は肩幅程度に開き、上半身を腰から曲げてブリッジにキューをセットします。
  ※このとき、左腕はまっすぐに伸ばします。

6.手球とキューの先の間は20cmくらい、右腕が前後に動かしやすい場所に置きましょう。

7.顔の高さはキューから15cm程度の場所で固定し、手球を動かしたい方向へと視線を定めましょう。


まずはフォームをマスターする

ビリヤードは状況によっては
無理のある体勢から手球を撞かなければならないことも多々あります。

そんなときは基本から外れたフォームになってしまうのですが、
まずは基本的なフォームを身につけることが上達への近道です。

正しいフォームで撞いているのに思った通りに手球が動かないというときは、
身体に力が入り過ぎていないか見直してみましょう。