会社や友達との飲み会のあと、二次会に行こうという流れになるのは自然なこと。
飲み足りなかったり楽しい雰囲気をもっと味わいたかったりと理由は様々ですが、
せっかくなら、参加者がみんな楽しめる二次会がいいですよね。

今回は飲み会のあとにおすすめな二次会のプランをご紹介します。
参加メンバーの好みと合わせて、ぜひ活用してくださいね。

定番のプラン

カラオケ

二次会定番中の定番ですが、安定性が高いのがカラオケです。

歌が好きな人はどの世代にも一定数いますし、
歌う=楽しいというイメージも根強いため、二次会=カラオケは自然の流れのようです。

タンバリンなどを貸し出してくれる店舗もありますので、
歌えなくても盛り上げることで参加している感じが演出できます。

もう一軒!で飲み直し

まだまだ飲むよ、飲んでしゃべるよ、というお酒好きが多いときは、
飲み直しでもう一軒、が定番プランになりがちです。

お酒をメインに出すバーや、デザートの美味しい居酒屋さんなど
飲み会会場周辺のお店をリサーチしておけば、どこにするかで迷う時間が省略できます。

せっかくなので、あなたの好みのお店を提案してみると意外と楽しめるかもしれません。

おしゃれなプラン

ダーツバー

世代や年齢にかかわらず楽しめるのがダーツバーです。
男女ペアになって得点を競っても盛り上がりますし、
初めてダーツに挑戦する場合でも、誰かしら得意な人がいるので退屈しません。

ダーツが得意でない人は、バーカウンターなどでお酒を楽しむこともできます。
落ち着いた雰囲気のお店が多いので、バカ騒ぎが苦手な方でも心配ありません。

プールバー

ビリヤード台を置いているバーのことです。
ビリヤードもダーツ同様、世代や年齢にかかわらず楽しむことができます。

チーム戦で大人な勝負を繰り広げるのもよし、
初めてのビリヤードを教えたり教わったりするのもよし、
ビリヤードのゲームを眺めながら静かに飲むのもよし。

いつもの顔ぶれの意外な一面を見ることができるかもしれません。

アクティブプラン

身体を動かすプランのご紹介です。
飲み過ぎたり具合が悪かったりするときは、控えめに挑戦してくださいね。

ボーリングでスコア対決

あらゆる世代で楽しまれているボーリングは、二次会の隠れ定番です。
単純なルールで明確な点数が出るので、大人数ならばチーム戦を組むのも楽しそう。

年配の方はボーリング世代であることが多いので、
フォームやコツなどを教えてもらうと、今後の人間関係も円滑になるかもしれません。

ゲームセンターで対決

24時まで開いているゲームセンターがあれば、行ってみましょう。
会社の飲み会の二次会でゲームセンターを選べば、
個人プレーのゲームが多いため、困ったお付き合いを回避できるかもしれません。

意外とお金を使ってしまうのですが、どうせ飲み代で消えていくと思えば、
何かしらの景品が取れるとそれだけで得した気分になります。

また一つのゲームを複数人で囲むことで、意外な協調性が養われることも。

バッティングセンターでホームラン対決

野球経験があればもちろんですが、なくても楽しめるのがバッティングセンターです。
ストレス解消や運動不足解消などで見直されているバッティングセンターですが、
飲んだ後にみんなでわいわい楽しめる場所でもあります。

女性で未経験だとなかなか入りづらいバッティングセンターは、
会社の飲み会の二次会で行ってハマったという人も少なくありません。

お酒を飲んだ後だからこそ、さわやかな汗をかきたいですね。

まったりプラン

ファミリーレストラン等でまったりおしゃべり

何よりおしゃべりしたい、というグループは、
ファミリーレストラン等をおすすめします。

小腹がすいたときジャンクなものが食べたくなることが多いですよね。
ファミレスのメニューはそんなときにぴったりです。
またドリンクバーがあるお店なら、お酒のあとの酔い覚ましにもなりますし、
何よりおしゃべりが自由に楽しめる空間でもあります。

静かな公園で余韻を楽しむ

少人数の飲み会のあとは、静かな公園でベンチに座るのもいいですね。
二次会というよりは酔い冷ましに近いですが、夜の公園は静かで落ち着く空間です。

注意点は大声を出さないこと。
近隣にお住まいの方に迷惑になってしまいますので気をつけましょう。

公園ならお金もかかりませんし、
しらふでは話せないようなことも話せるかもしれません。



以上、二次会のおすすめプランでした。
集まったメンバーの好みと合わせて、二次会の参考にしてくださいね。