招待客のリストアップについてポイントを見ていきましょう。

グループ分けをしよう

一番最初にするべきことは、グループ分けです。

  • 会社関係の人
  • 恩師・恩人
  • 学生時代の友人
  • その他の友人
  • 親族・親戚

以上のようなグループに分けて、属する人の名前をそれぞれ記入していきます。

招待漏れを防ぐためにも、名簿やアルバム、携帯電話のアドレス帳などを確認して、
とにかく知っている人全員の名前を書いていきましょう。
親族・親戚については両親にも相談してみましょう。

エクセルなどに表を作っておくと、後から確認するときに分かりやすいですよ。


結婚の報告の仕方を決めていく

グループ分けをして、氏名をリストアップしたら、
今度はどのような報告をするのかを決めていきます。

たとえば、結婚式と披露宴に絶対に招待する人、できれば招待したい人、
披露宴と二次会の両方に招待する人、二次会のみ招待する人、報告のみの人、などです。

さきほど作った表に丸印を付けていきます。

作成例)
招待客リスト


人数を絞っていく

リストアップと報告の仕方をまとめることができたら、
まずはお互いの主賓を決めましょう。

そして次に、式場の規模や両家のバランスを考えて
実際に招待する人を絞っていきます。

人数は予算に応じて決めていくため、招待したくてもできない人も。
そんなときは、披露宴だけ、二次会だけ、とグループによって分けることをおすすめします。

それでも多いときは、以下を参考にしてください。

会社に親しい同僚がたくさんいる場合

披露宴には直属の上司やお世話になった人を招待して、
親しい先輩や同期は二次会に招待し、後輩には報告のみとさせてもらいます。

親戚が多い場合

付き合いはそこまで深くないけれど、というときは家ごとに招待状を送り、
家を代表して一人か二人に出席してもらう形を取ることができます。
遠方の親戚には、親と相談の上で報告のみにさせていただくこともあります。

招待したい友人が多い場合

式・披露宴には職場の人や親族を中心に招待し、
気の置けない友人たちは二次会で楽しんでもらうという選択肢もあります。

友人を呼ぶときはグループから少なくとも2人、
お互いに知っている人たちを招待すると、友人が気まずい思いをせずに済みます。


まとめ

披露宴や二次会の準備段階でもっとも重要な作業がリストアップです。
万が一にも招待漏れがあっては後々の調整が大変になってきます。
まずはここを重視して、しっかりとリストを作っておきましょう。