主催者

結婚式二次会の主催者とは
 新郎新婦主催や友人主催など二次会の開催意義によって主催者が異なります。


スケジュール

三ヶ月前までに

幹事を決定する
 幹事は誰にお願いするべきか、人数は?

幹事をお願いするのが難しいとき
 二次会幹事代行サービスという選択肢もあります。
 友達に負担をかけず、費用ゼロのプランも。

招待客をリストアップ
 披露宴と二次会はまとめてリストアップすることをおすすめします。

初打ち合わせ
 新郎新婦・幹事で顔合わせと打ち合わせを行います。
 どのような会にするか、ゲームの有無、景品の予算等を確認。

会場探し・決定
 招待客の人数と照らし合わせて会場を探しましょう。
 結婚式の二次会に使用できるか、また機材なども搬入できるかなどの確認も。

二ヶ月前までに

招待状の送付&送付
 メールもしくは招待状を送付します。

二次会の進行や演出を決める
 具体的な流れを組み、台本を作成します。
 進行表や台本の例を載せています。 

必要なものの手配
 ゲームに必要なものや機材などの手配をします。
 ダウンロードできるチェックシート付。

一ヶ月前までに

出欠確認
 締め切りまでに出欠の連絡がない場合は、こちらから連絡を入れて確認。
 連絡をするべき人数が多いときは、幹事さんたちにも協力をお願いしましょう。

会場への人数の報告
 人数が確定したら、二次会会場に確定人数の報告を。
 当日キャンセルが出た場合のキャンセル料などの打ち合わせもしておきます。

予算の把握、確認
 出席人数に合わせて再度予算を確認・把握しましょう。

一週間前までに

会場との最終打ち合わせ

ゲームの景品とプチギフトの準備
 プチギフトを用意するかどうかを新郎新婦に確認してから
 ゲームの景品の計画を立てます。

 景品の準備は余裕をもって一週間前までにすべて揃えるつもりで取り掛かります。

当日のスケジュール

当日のスケジュールとスムーズに進行するためのポイント
 ハプニングでめちゃくちゃにしないためのポイント。


終了後の作業

会計報告
 最後の大仕事。
 抜かりなく大役を終えるためのポイント。


準備を簡単にする方法

面倒な作業をプロに任せる
 以上のような煩雑で大変な作業をプロに任せると、準備が驚くほど楽になります。


結婚式二次会幹事 体験記